野口矯正歯科専門医院で笑顔も人生も変わる歯列矯正

アメリカに来てからは特に、日本人は歯は内臓という感覚、アメリカ人は外見という根本的な意識の違いを感じます。
見た目が良い悪いだけではなく、自分のことがケアできない人と人間性や経済面まで疑われてしまうことも。
目や鼻などに手をかける人は多いですが、美は口元で決まるという専門家も多いほど、口元のラインて実はものすごく重要なポイント。
歯列次第で、口元、輪郭、顔全体の印象までもが変わってきます。
美容面だけでなく、体全体のバランスに繋がったりと肩こり、頭痛、腰痛、顎関節症、、、健康面にも大いに関わってきます。

最近よく聞く「インビザライン」とは、約10年前に開発された新しい矯正技術で、透明なマウスピースのようなトレイを、食事時以外の1日22時間以上装着し、2週間ごとに新しいトレイに交換していくことで徐々に歯を動かしていきます。
最初の段階で、最後までの歯の動きのシュミレーションが見れるので、終了時を確認することができるのも特徴です。

何といっても付けていても全然目立たないので、矯正したいけど笑った時に見える矯正器具に抵抗があるという方にもおすすめです。
通院もあまり必要ないので、出張が多い忙しい人にも便利で、1年間のインビザライン矯正期間中、2回ほどの通院のみも可能。
それだけに、先生の治療計画が重要(鍵)となるため、通常のワイヤー矯正より高い技術や経験を必要とする難しいものです。
なので、’インビザライン矯正行っています’と一言で言っても、最終結果が先生によって大きく変わってしまうのもインビザライン矯正なのです。

野口先生は、最初にインビザラインが始まった10年以上前からの経験を持つスペシャリスト。
米国で行われるインビザライン社の講演会でも、講師として呼ばれるほど高い技術とたくさんの臨床例を持つ先生。日本のインビザライン本社でも講師として招かれ講演を行うほど。
(野口先生のインビザライン臨床発表は、会場にいる先生達もびっくりするほどのもの)

 

インビザラインによる症例

Before①

After①

Before②

After②

Before③

After③

(全てインビザラインで二年以内に終了)

歯列矯正の4つのネガティブ要因は、痛い、長い、高い、醜いがあるとされますが、その問題を解消できるように
効率的な矯正技術を日々研究する野口先生。

コーティシジョンという、歯茎に少しだけメスを入れて傷を治そうとする自然治癒力を利用して
矯正のスピードを半分位にしてしまう技術も取り入れています。

人生一度っきりの歯列矯正で理想の歯並びにするためには、値段だけではなく、しっかり信頼できる先生に
お願いしたいですね。

相談やお見積もりは無料なのでお気軽に問い合わせてみて下さいね。

※「Loycleを見た」で特別割引あります

野口矯正歯科専門医
Noguchi, Shinichi, D.D.S., M.S., Inc.
4201 Torrance Blvd #430
Torrance CA 90503
Tel:310-540-2113
Fax:310-921-5394
http://www.noguchiortho.com
dr@noguchiortho.com
英語 , 日本語
<営業時間>
月曜日 8:00 AM – 5:15 PM
火曜日 9:15 AM – 7:15 PM
水曜日 8:00 AM – 5:15 PM
木曜日 9:00 AM – 5:00 PM
金曜日 9:15 AM – 4:15 PM
土曜日、日曜日 休み

投稿者: loycleadmin